気まぐれに更新。
観察日記
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
...。
2007-04-17-Tue  CATEGORY: 未分類
やはり、上手くいかない事は重なるもので・・・。




先ほど、ばぁばから連絡が来て

じぃちゃんが亡くなった。



余程忘れて欲しくなかったのか
ひ孫である わたしのお嬢の誕生日を選んで。(ニガ


まったくもって、じぃちゃんらしい。



しっかりしなきゃ。
最後に見送るために
泣いている暇は

今はない。



しっかり見送った後
ゆっくり思い出そう。

ねぇ、じぃちゃん。
それでいいよね?
スポンサーサイト
ページトップへ
ウン。
2007-04-16-Mon  CATEGORY: 未分類
四苦八苦。

人間が生きてる限り切り離せないとされている
苦しみのコトを言います。

生老病死
産み生まれ 老い 病み 死ぬ と言う苦しみに
二次的な
愛するモノと別れる、嫌な人と出会う、求めるモノが得られず、執着してしまう
という苦しみ。
コレを合わせて四苦八苦。




何気に行った旅行のお寺で学んだ
快川禅師が最後に述べたと言う言葉に


滅却心頭火自涼(心頭を滅却すれは火も自ら涼し

というモノがありました。
歴史に疎く、武田信玄すらドラマでやってた程度の知識だった私ですが
ものすごいタイミングで知った言葉が
時間がたてばたつほど 重みを感じさせられます。


苦難から逃避せず
まともにぶつかって苦難に溶け込む。



なかなか出来ないコトダヨネ。

簡単に出来るコトなら
コノ言葉の重みはなくなり
コンナ長い時を経て語り継がれないコトダロウと思うし。

ミンナ、どんな時にも不安や恐怖心てものが付き物だと思う。
嫉妬や執着だってソウ。 不安や恐怖心の中からうまれる感情。
(ワタシなんてイツモデスガw

デモ、ソレを乗り越えようとしようとしたりしてたから
いけないのかもしれないな。

まともにぶつかり 不安や恐怖とも同化すれば良かったのね。


そんなのは当たり前のコト。簡単なコト。
そう言う人もいるかも知れないけれど

ソレデモ
マダマダ、心で納得する事が出来ず 苦しむ人が多い世の中。
コレもマタ 現実。
ページトップへ
前回の続き。
2007-04-16-Mon  CATEGORY: 未分類
旅行の話の続きです。


昼食は、主催のお店のコのいとこがやるお店へ。

そのコの作る料理はおいしくて好きなんですが
そのコはそのいとこから料理を教わってくる事が多いらしく
メインの楽しみはソコでした(*´ェ`*)

コースだった訳なんですが
思ってたとおりすごくおいしかったデス。

20名ほどで お酒飲んだりしながら
2時間程楽しく食事をした後帰ることに。


少し時間があったので寄り道する事になりました。
朝霧高原周りで帰るけど もう1つくらい行くかって事で
武田信玄のお墓があると言う恵林寺へ。

初めて行ったけど
なんていうか。。。 上手く表現できないケド・・・すごいよね。

うぐいす張りの廊下を楽しみながら
色々見て歩き
等身大の姿と言う不動明王の像や風神雷神の絵など
そして、すごい 高齢な木や庭園。

何もかも新鮮で 目を丸くしながら見入ってました。

裸族メンの中には職業がきこりな山師もおり
やはり あの何本も育っていた立派な木の話で盛り上がってました
(*´ェ`*)

そして帰りがけに また、お土産屋へ。

先ほど お嬢にジャムを買ったと言うのに
前日に山梨行く事をつげると
武田信玄の。。。(ごにょごにょ と
信玄土産リクエストを言われていたので またお土産を物色。

しっかし、お嬢は、何故あの歳の女で武田信玄なんだろう。。汗
と、思いつつ 色々見た後
黒いシルク扇子と赤い鈴を購入。
扇子は毎年夏に1本使うので自分用に
そして鈴は魔よけにもなると言うのでお嬢に。
共に 風林火山と入っていて 素敵スギです 笑

お土産を購入し その後は朝霧高原周りで
飲みながら帰ってきました(・ω・)


帰ってきてファミリーにお土産を渡すと
どこ行って来たか お嬢に尋問を受け
信玄のお墓のあるお寺 と答えると

えーーーーーーーーーーーーーっ(つД`)・゚・
いいなぁーーーーーー (つД`)・゚・

あたし、信玄好きなんだよね。。 (´・ω・`)

と、お嬢に言われました ==;

信玄好きって。。。
どんだけ~~~ w って感じです。 orz

少なくとも わたしの生きてきた中で
身近な小学生女子で
信玄好きな人は あったことなかったので・・。 ==;

今度連れてってやる約束をしたので
次は お嬢とぶらり旅になりそな予感デス。


よい気分転換になりました(*´ェ`*)

またみんなとも行きたいな~。
みなさん、お疲れ様でした(・ω・)ノ


**お店のマスター たろこ**

taroco.jpg



**裸族メンw**

裸族

ページトップへ
ぶどうの丘にて
2007-04-15-Sun  CATEGORY: 未分類
只今、昼食にむけて移動中。


先程 寄ったぶどうの丘にて、はなサン 幼子を泣かす(ニガ





観光でワイン試飲に立ち寄り
はなファミリーに土産を購入。

その後、今回の旅行の写真撮影との事で、噴水前に集まった訳なんですが…。


2枚写真を撮るも、結局 誰かがカメラマンで 完全な全体写真が撮れず
酔ったあたしは 水辺で遊んでいた親子連れのママンに交渉に行くも
驚いた嬢ちゃんが水辺にスベリかけ泣き出す事態に発展。
(つД`)・゜・



急いで抱き上げ なだめるも、しばらくなきやまず
近くにいたぱぱが見てくれてました。


とりあえず写真をとってもらった後、嬢ちゃんとコミュニケーション開始。



一言二言話しかけるうちに、こちらに顔をむけてくれ


最後に


大切なママ借りてごめんね
(つД`)・゜・

おばちゃんがかわいがってる どれかを あげるから選んでいいよ(*´ェ`*)
と、

携帯のストラップをお礼にあげた。



別れ際には 笑顔で別れられた。(*´ェ`*)




旅先の一期一会。


こんなのも悪くない。
ページトップへ
愛ってサ…。
2007-04-15-Sun  CATEGORY: 未分類
最近、ばぁちゃんを想う事が多々ある。


みんながみんな
生きいて、生かされている。




ばぁちゃんが亡くなり
もう10年になるけれど
今でも
ほんといいばぁさんだったよなぁ。などと
声をかけてくれる高齢の方もいる。



出戻りで ともすれば遠巻きに眺めながら 中傷されかれない状態だった私に
声をかけたり 中にはきちんと叱咤してくれるおばさんもいた。


今は、亡くなってしまった方もいれば
高齢のため からだ的にもなかなか外に出にくい環境なのか
最近は道端などで
あまりお会い出来ない方たちも増えてしまい
寂しい限りデスガ。



みんなみんな
自分がした事が
巡り巡って帰ってくる。


わたしは 生前
ばぁちゃんがしてきた事で
すごく救われてきた。

ばぁちゃんダケじゃなく
そのまた祖先や
きっと自分だけじゃなく
そういう人たちともかかわってきた人々。



みんながみんな
たとえ少しずつでも
愛を与えあい生きてきたから わたしは存在する。



わたしがする事や
想いは
きっと
自分自身だけでなく
自分の子どもや そのまた子孫にも 巡りめぐってゆくんだね。



亡くなって何年もたった今でも
ばぁちゃんの愛情を感じられるわたしは
幸せなのかもしれない。



貰うだけじゃなく
わたしも また
まだ見ぬモノたちに与えられる愛や想いを
残してゆける存在でありたいな。



まだまだ未熟デスケドネ
(*´ェ`*)
ページトップへ
今日の私。
2007-04-14-Sat  CATEGORY: 未分類
今日はジィチャンとこ行ってきた。


ジィチャンはなんだか嬉しそうデシタ。


家にあったベッドと違い
柵が付いている為
少し自分の意思で体を動かす事が出来るので
幾分楽そうダッタ。


椅子が1つしかなかったから お嬢を椅子に座らせて
私はうんこ座りでじぃちゃんのとこにいた訳なんだけど
(うんこ座りって・・・古ッ。)

開口一番

「早く家に帰って楽にナリタイ。」

そうか。そうだな。家で好きにやりたいヨナ。

などと話をしていると
次に出た言葉は

「なんだ、お前。随分 良い帽子被っているな。」



じぃちゃん・・・==;

話噛み合ってないw と思いつつ
帽子の話とか 最近 よく見ると言う夢の話とかをした。

普段から 会話噛み合ってナイ事多いので
ソレが彼とのコミュニケーションなので
ソレはソレで良いンデス(*´ェ`*)

でも 私も比較的帽子好きなんですが
どうやら ジィチャンと趣味が合うようで
何故か、被ってる帽子をいつもほめられる。

数は持ってないんです。
6,7個くらいと以外と普通。
キャップとかの色んな種類集めるのが好き。とかじゃなく
色んな種類の気に入ったものを
気に入ったモノを被るって感じで。

ニット、ベレー、ハンチング、キャスケット、ストロー、テンガロン、ブレード など。
機会があれば、カンカン帽とパナマハット欲しいデス。

て、アタシの帽子の話しても仕方ないんですけど(ニガ

で、じぃちゃんの昨日の夢は
大きいきゅうりの夢だったラシイ。

ジィチャン。。。 でっかいきゅうりって==;

あとはトマトを作って食べたとか。

今 口で食べる事が難しくなってしまったからなのかしら。。。orz

そんな話から
昔、大きいひょうたんが出来た事あったね。って話になって
とっても嬉しそうダッタ。

小学校の頃、
本と大きくて 私の顔よりでっかいひょうたんが出来
町の広報に載ったっけ。

キウイとかさくらんぼとか枇杷とか
花もいっぱいあって
夏前は たまに来る親戚とか孫が食べるからって
とうもろこし作ってた。


今日の帰りの車でも
オバチャンとバァバが昔話をしてた。
昔、コノ家でしょう油を作ったなぁ。とか
もっと昔は アタシャ 海から海水くんできちゃ塩作ったモンだw
なんて。
今の時代では こう言う製法で こういうものが作られます。
と、教わるような事があったとしても
やる機会など ほとんどないのだろうな。って事を
こんな身近な人達が日常としてやっていた事にすごく驚いた。

バイトなどでタマに農家の方とお話する機会もあるのだけれど
ソレだけでは食って行けないと言う現実に
寂しさを感じている姿を目にする。

そんな時 いつも

おじさんたちすごいと思う。って話になる。

こんな便利な世の中だけれど
もしも 何かあったとして
便利な機能が停止してしまう事があったとしたら・・・。

まず、生きるために食べなければいけない。
でも、食べ物がなければ食べる事も出来ない。

ソコに種と、水と とっても高級な肥料があったとしても
作る知識や経験がなければ
余程 運良く タマタマ出来ましたw ッテ事がない限り
作る事が出来ないのだから。

もっと短絡的に言ってしまえば
種かじっちゃってるかも知れないよね。コレが食い物だッテ。
土に植えて お水や肥料を与え
手間隙かけて愛情与えて育ててあげれば
もっと たくさんの大きな実を作ってくれて
種も マタ取れると言うのに。

おばぁちゃんの知恵袋て訳じゃないんだけど
ココ最近の一連の出来事で
自分より長く生きて知恵や経験をつんでいる先人や年配の方たちを
もっと大事にしなきゃいけないな。って思うと同時に
自分自身も そういう知識や経験、想いを受け継ぎ
後の世代へ伝えてゆかなければならない。 って思った本日の私。
ページトップへ
ジィチャン。
2007-04-11-Wed  CATEGORY: 未分類
ジィチャンがイヨイヨ ヤヴァイかも。

自分自身の体調もすぐれず、長距離の車の運転が怖いので
病院にナカナカ行けなかった訳ナンデスガ
今日、仕事から帰ってきたら バァバに言われました。


オジィがアンタはドウシテル? はなに逢いたいナァ。。
あと嬢にも。 って言ってる。 長くないからあいにいってやれ。


オイ、ジッチャン 今までソンナ事一言も言ったコトないじゃネーカヨ
(つД`)・゚・

↑ 違うンデス。
ツッコミたかった訳じゃないンデス。
認めたくないんデス。

周りの人間に逢いたい。

ソンナ事を言い出したジィチャンに対し
イヨイヨかもシレナイ。って気持ち ドコカにアルンデス。

ダカラ ソレを認めたくナインデス。

わかっているけど
割り切れない。


近い内 病院に行こう。

いつもどうりのアタシで行きます。

死期の迫った人間に対して優しくしてる。

ソウ ジィチャンに思われたくないから。

不器用なジィチャンの孫でアリ 不器用なジィクンの娘デスカラ。
マッタクモッテ 職人気質のガテンな性格なにお陰様で育ちマシタヨ
(つД`)・゚・

いつもどおりの 生意気で憎まれ口叩くアタシで行きます。
ズケズケものを言うワタシで行きます。


はな:フザケンジャネーヨ コノ クソジジィ!!

ジィチャン:アンナ恐ろしい孫はイネェ(泥酔しながら親戚に電話中

はな:ハァ(゚Д゚;)!? クソジジィ 泥酔して電話魔化シテンジャネーヨ!!(激怒

ジィチャン:オラァ 孫に殺されそうダ(つД`)・゚・ (親戚に熱くトーク中

はな:(コロサネーーッテ ('A`)


ソンナ喧嘩、何回もシマシタネ。


電話の後、電話の相手の親戚とかに
またジィチャン酔ってたンカ orz ワリィケド 大変ダケド 面倒見てやって。と。


叔父さんとかに
家族でソンナ喧嘩出来る相手は はなクライだから
ソレは仲が良いから出来るンダヨ って言われてた。

アタシもジィチャン 寂しいからソウイウ事してるのもワカッテタョ。


ソンナ アタシと知ってて
逢いたいなぁ。。と言ってくれたから。


だからコソ
ヘンナ気を使わない家族を 通そうと思ってマス。

最後マデ。
ページトップへ
久々に
2007-04-11-Wed  CATEGORY: 未分類
デモッテ
久々の日記な訳デスガ。


最近は ボチボチ。

先週の土曜、久々にいつもの店に顔を出してみた。
想いの他 とても心配される。

特にホンチャン。
若かりし日にセナゲロした仲な彼には
とても心配される。

本と 普通の彼氏彼女の間でも
酔っておぶって 背中にゲロはナイゼ?
と言う位の仲。
男女の域を余裕で超えてます。
顔見て マダ本調子じゃないのを察してくれて
ホント 逆に気を使わせてしまい申し訳ないクライデシタ。

他にもソノお店やってるコやいつもいる友達。
ミンナミンナ とても素敵な同級生。

ミンナの心配をヨソに
メチャメチャ食欲旺盛デス。

最近は 山のモノが多く
お歳を召したせいか とても山菜がおいしく感じ
たくさん食べてます。

今日はあしたばとかデシタ。
ふきもあったんだけど ナンダカ時間のないせいか
灰汁がウマク抜けてないモヨウ。

軽く

「ニガッ。」

って感じデシタ。

デモ、そういう素朴な料理が食べられるのも
山に採り行ってくれるジィがいたり
作ってくれるバァバがいたり
そして健康なからだがあるお陰な訳で


とりあえず 何が言いたいかと言うと



俺、フジツボと,かめのての味噌汁が飲みたい ;

まぁ、話それちゃいまいたケド
ジィクンに頼んで見ようと思ってみた
今日のアタシ。



*アマリ本題と関連性なかった気が。。。 マ、イッカ (・ω・)
ページトップへ
仕切り直し。
2007-04-08-Sun  CATEGORY: 未分類
とりあえず

仕切り直しでまた1から。
ページトップへ  トラックバック0 コメント1
<< 2007/04 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


余白 Copyright © 2005 観察日記. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。